寝る前の筋トレは筋肉がつきやすい?

寝る前の筋トレは筋肉がつきやすい?

寝る前に筋トレをすると筋肉がつきやすいと言われていますがなぜでしょうか。まず、寝る前に筋トレをすることにより程よい疲労感が生まれ、睡眠の質を上げることができます。

睡眠の質が良ければ筋肉の成長にも良い効果があります。また、筋肉は筋トレによって破壊された筋線維が超回復により以前より強くなることで増大していくといわれています。

ですが寝る前に筋トレをすることがで睡眠中に分泌される成長ホルモンを効率よく超回復に使うことができると考えられています。

しかしながら寝る前に激しい筋トレを行うと交感神経が優位となり寝つきが悪くなるなど睡眠の質を低下させる可能性があります。

またトレーニング後にタンパク質などの栄養をを摂取することが筋肉の増大には効果的ですが、寝る前に栄養を摂取すると睡眠中の内臓に負荷がかかり疲れが取れにくくなるといったことも考えられます。

寝る前の筋トレは成長ホルモンが分泌されやすい?

寝る前の筋トレは成長ホルモンが分泌されやすい?

無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促す作用があるので、寝る前に筋トレをする人がよくいます。

寝る前に筋トレをすると、傷ついた筋肉組織を修復しようとして多くの成長ホルモンが分泌されるので一見良いように思うかもしれませんが、オススメできません。

筋トレをすると脂肪分解や筋肥大に効果的で、就寝後1~3時間後に成長ホルモンが分泌されるので筋肉を効果的に成長させることができるのですが、寝る前に筋トレしてもあまり効果はないです。

それは副交感神経が優位になっているからで、就寝前には副交感神経が優位のリラックス状態である必要があります。

成長ホルモンの分泌には深い眠りが必要ですが、寝る前に筋トレすると深い眠りに悪影響を及ぼし、結果的に就寝中の成長ホルモンの分泌を妨げる可能性があります。

寝る前の筋トレは程良い疲労感を得られる?

寝る前の筋トレは程良い疲労感を得られる?

人間、運動すると眠くなるものですので、寝る前の筋トレはスムーズな睡眠につながります。もちろん、疲れ果ててしまうほどの激しい筋トレは脳が覚醒してしまい逆効果となってしまいます。

しかしストレッチや体操などの準備運動で心身ともにリラックスした状態で、大きなストレスとならない程度の軽い筋トレであれば程よい疲労感を得られ、睡眠の質も向上します。

羊を数えると眠くなるように、脳は単調な作業に対して眠気を誘発するようになっています。睡眠前のリラックスした時間帯に筋トレを行うことは、睡眠のリズムを作り、運動不足の解消にもなりますので、健康を維持する上で有効な習慣となり得るでしょう。

もちろん、あまりやり過ぎにはならないように、回数は軽めに設定してください。