体を鍛えるメリットって?

体を鍛えるメリットって?

体を鍛えることでのメリットとしては、まず太りにくくなるという点です。筋肉が付くことによって新陳代謝が上がり、普通に生活をしていても脂肪が溜まりにくくなります。

さらに新陳代謝が上がることによって免疫力が高くなり、風邪などの病気にもなりにくくなりますし、美容効果も得ることができます。運動不足によって引き起こされる腰痛や肩こりなどの予防にもなります。

他にもストレスに強くなるとも言われています。ランニングハイと言う言葉を聞いたことがあるでしょうが、運動をすることによってもハイになりやすく、ストレスを解消する効果があるとされています。

ランニング以外でも運動であればなんでも良く、普段運動不足の方は適度な運動を定期的に行うことがベストとされています。

筋トレをするとスポーツも上達する?

筋トレをするとスポーツも上達する?

筋トレをすることで、スポーツをするための身体能力は上昇しますが、それぞれのスポーツ自体が上達するとは限りません。

たとえばテニスでいえば、筋トレを行って力強いショットを打てるようになったり、早く走れるようになって多くのボールに追い付けるようになったりすることは効果的です。

しかし、肝心のフォームがバラバラだとコントロールが悪くなったり緩急をつけられなくなったりするばかりか、怪我をしてしまうリスクもあります。

また、やみくもに筋トレなどのトレーニングを行うだけでなく、対戦相手やコートの情報を分析したり、自分が得意なプレースタイルを研究したりすることも非常に重要です。

したがって、筋トレのみによってスポーツを上達させることは難しいといえます。

筋トレをすると腰痛を予防できる?

筋トレをすると腰痛を予防できる?

筋トレと聞くと、太い二の腕や何重にも割れた腹筋などのムキムキの体をつくるための激しいトレーニングを思い浮かべる方も多いですが、決してそのようなトレーニングだけが筋トレではありません。

背骨や腰椎などの骨格を支える筋肉を鍛えるための地道なトレーニングも筋トレの1つです。

このような骨格を支える重要な筋肉を鍛えることで体の姿勢が改善されるため、体の一カ所に大きな負荷がかかることを防止できます。

腰痛や肩こりなどの改善や予防にも効果的です。このような筋肉を鍛えるための筋トレには大きな負荷は不要ですが、軽い負荷でも毎日継続して行うことが重要です。

寝る前にストレッチと合わせて腰や背中の筋肉を鍛えていくと効果的でしょう。