筋トレに睡眠が必要な理由

筋トレに睡眠が必要な理由

筋トレをする際には睡眠が必要です。平均7時間半の睡眠を行えば効果がでます。筋肉は、トレーニングと同時に生成されるものではありません。

睡眠して休憩している間に筋肉が作られることがわかっています。睡眠不足は、筋トレ中の筋肉を作りにくくします。

それどころか太りやすい体質を作ってしまいます。理由としては、筋肉が作られているのは眠りから2~3時間後です。

脳からたくさんの成長ホルモンが分泌されている間に全身の細胞修復や分裂を促進することで、タンパク質をとりこみ筋肉が大きくなります。

正しい筋トレをいくら時間通りに行っても、常に睡眠不足では効果はでません。身体をしっかり休めることが必要です。7時間半眠るとより筋トレの効果があがります。

筋トレをしたら最低何時間眠ればいい?

筋トレをしたら最低何時間眠ればいい?

筋力トレーニングをしている人の質問で多いのが、筋トレをしたら最低何時間眠ればいいのですか?という質問です。

まず、絶対に理解しておかなくてはいけないことが筋力トレーニング、食事、睡眠の三つはすべてが同じくらい重要だということです。

なので、睡眠不足の状態が長続きするのは筋肉にとってはマイナスです。なので、睡眠時間はなるべく削らないようにしましょう。

では、最低何時間眠ればいいのかというと、6時間以上は寝たほうが良いです。

筋トレをしていない人でも最低6時間以上は寝たほうが良いので、体をハードに使う筋力トレーニングをしている人は、それ以上寝たほうが良いと考えるのが自然です。

なので、あまり夜更かしをしないで早く寝ましょう。

筋肉と睡眠時間の関係とは?

筋肉と睡眠時間の関係とは?

筋肉と睡眠時間の関係は密接に有ります。寝ている間に筋肉は育つようになっており、ゴールデンタイムとも呼ばれています。

睡眠時間が長いほど、筋肉の修復が早くなりますので、筋トレをした後にはたんぱく質をよく取り、睡眠する事が大切です。睡眠時間が短いと筋肉の修復が出来ない為、筋肉を鍛えても筋肥大が起こらなくなります。

その後も筋トレを続けるも効果が出なくなってしまう為、どんなに忙しくても睡眠時間は確保する様に心がけて下さい。

それほどまでに睡眠時間は関係が強い物になります。初心者の頃は特に鍛える事を重点的に考えてしまいますが、鍛えるだけでは効果が出ないので、関係性をよく理解して休む事も鍛える事と同じ位に大切になります。